亦来雲CRC:新たなコミュニティガバナンスコンセンサス


ブロックチェーンが盛んになったのはコミュニティと深く関わっています。自組織と自運営ができるコミュニティは新たな組織モデルとして、ブロックチェーンプロジェクトさらに業界全体における重要性が、基本的な業界コンセンサスとなりました。インスピレーションの由来から体験のフィードバックまで、開発実践からプロジェクトの宣伝まで、コミュニティはブロックチェーンプロジェクトにおいて大切な役割を果たし、分散式のコミュニティの寄与はコミュニテイ協同モデルにおける大きな革新となりました。ブロックチェーンコミュニティ及びその上のコミュニティ生態は、ブロックチェーンプロジェクトの中心競争力となりました。

640.jpeg

これを踏まえて、亦来雲は2018年8月にコミュニティ自治組織であるCyber Republicを設立したことを正式に公表しました。そのため、Cyber Republicは亦来雲コミュニティの総称でもあり、亦来雲トークンの所有者と貢献者で構成され、亦来雲ファンデーション、生態連携パートナー及びその他の亦来雲の技術とコミュニティに力を貢献する個人とチームを含めます。Cyber Republic Consensus( CRC )はCRのコンセンサスで、その目的はCRにコンセンサスに基づくコミュニティガバナンス仕組みを提供し、これによって亦来雲技術の開発と生態発展を推進し、紛争を解決し、コミュニティの資産を管理し、コミュニティの成員がコミュニティのガバナンスに参加し、寄与するように促します。



CRは一年あまりの準備によって、2019年年末に正式に選挙を行いました。現在、亦来雲コミュニティのCR委員選挙が勢いが激しく行われています。チームの公告によると、初回CR委員選挙の投票は、ブロックの高さの658930(北京時間2020 年 6 月 10 日 10 時)までに行われ、当時に初回CR委員は誕生します。CRの選挙は亦来雲コミュニティにとって、重要な意義があります。CR選挙が終わった後、亦来雲コミュニティが亦来雲技術の開発と生態建設などの事務を正式に決定し、亦来雲が本格的に財源開拓、オープン、共同ガバナンスのコミュニティモデルになったことを示します。亦来雲の前提技術が日々完全化されており、画期的な独創技術の発展が新たな生産力をもたらすはずです。CRCはこれに合わせる新たな生産関係として、共同でSmartwebを建設し、自組織と自運営の分散型コミュニティが新たなインターネットにより多くのサプライズをもたらすことができ、さらに将来のインターネット構造と人間コミュニティの組織形式に影響を与える見込みです。



詳しくはcyberrepublic.orgへご覧ください

"亦来雲CRC:新たなコミュニティガバナンスコンセンサス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント