Elastosの4大支柱の一つであるElastos BlockChain



伝統的なインターネット分野において、信用コストがより高いので、スムーズな取引のために、中央集権型の機関を仲介として利用しています。アマゾンでのショッピングはその一例です。こうすることで、大量のオンライン取引がスムーズに行われますが、それに伴うプラットフォームによるユーザーデータの窃取と悪用問題が多発しています。

ブロックチェーンはその問題を解決する道を示しています。その自然な非中央集権化、信頼性、改ざん不能という特性により、我々は仲介機関を介せずに取引を行うことができます。

しかし、ブロックチェーン業界において、ほとんどのプラットフォームは拡張性が低く、一度に大量のdAppを実行できないため、大量のユーザーによる同時アクセスが難しくて、ブロックチェーン発展のネックとなっています。TPSに関する議論は今でも続いていますが、実はTPSがほとんどの拡張性ソリューションとは無関係です。ブロックチェーンは信頼性の問題を解決するためのものであり、信頼性問題を解決する手段は各ノードの共同認証です。信頼性を実現するために効率低下を代価にしていますが、また実行速度を求めるのは明らかに矛盾しています。


これに関して、Elastosスマートインターネットの4大支柱の一つであるElastos BlockChainはその特別さを示しています。即ち、親・サイドチェーンアーキテクチャとAUXPoW+DPoSハイブリッドコンセンサスメカニズムを採用しています。


ElastosはAUXPoW+DPoS ハイブリッドコンセンサスメカニズムを採用していて、親チェーンがビットコインと共同マイニングを行い、ビットコインの強い計算能力でメインネットワークの安全性を確保し、ビットコインの信用リソースを完全に転送し、ブロックチェーンの本質的な特性——信頼性を保留しています。


Elastosの親チェーン+サイドチェーンのフレキシブル構成において、親チェーンは基本的な取引と送金決済のみを担当し、サイドチェーンは特定の目的に使われる独立したブロックチェーンとして見られることができます。親チェーンまたはほかのサイドチェーンから独立して働いていて、将来の分散型アプリケーションに拡張可能なソリューションを提供しています。サイドチェーンは高速道路と並行する一般道路のようなものです。この一般道路のほかには、いくつかの交差点、駐車標識と別方向向きの道路があります。これらの交差点と駐車標識を高速道路に配置すると、通行速度の低下、しいて全面的な渋滞が回避できないです。高速道路と並行に走る一般道路を追加することで、特定の通行量を特定の道路に配置することで、所期目標に達成し、親チェーンという高速道路のスムーズな通行を確保できます。


ほとんどのパブリックチェーンをワールドコンピューターとして想像することができます。例えば、イーサライムを1台のワールドコンピューターとして見ると、その役割を見事に果たしています。イーサライムはスマートコントラクトを使ってプログラミング可能なブロックチェーンアプリケーションを実現した初めてのプラットフォームであるため、革命的な存在です。しかし、世間を騒がせたCryptoKitties事件で証明されたように、大量のユーザーとデータが入ると混雑と渋滞が起こってしまい、イーサライム上で実行されるほかのアプリケーションも影響されてしまいます。単独のスマートコントラクトDAppは同一プラットフォーム上で実行される完全に独立したDAppに対してこのような潜在的な副作用を引き起こしてしまいます。イーサライムネットワークは一定数量のネットワークデータ量とデータ交換しか対応できないことは明らかになっています。イーサライムはワールドコンピューターではありますが、全ての問題を解決できるわけではなく、限られた共有リソースで無限なdApps実行を実現できません。


Elastosは親チェーンと関係するサイドチェーンからなる特別な構成を採用しています。親チェーンはワールドコンピューターであり、DID サイドチェーンは別のワールドコンピューターで、Tokenサイドチェーンはまた別のワールドコンピューターです。イーサライムとNEOサイドチェーンはそれぞれ2台のワールドコンピューターです。このような分散型モデルの中で、分散型ワールドコンピューターネットワークによってリソースがオーバーロードになる単独のワールドコンピューターを取って代わります。1台のワールドコンピューターで全ての問題を解決できませんが、ワールドコンピューターで構成される分散型ネットワークにおいて意味ある役割を果たすことが出来るかもしれません。


将来、イーサライムDAppの人気が高まり、大規模なユーザー数、データ量と取引を処理しなければならない場合、単独のイーサライムサイドチェーンが対応できなくなります。この場合、追加のイーサライムサイドチェーンを作り、処理量の多いdAppをこのサイドチェーンに配置することができます。これを複数回繰り返すことで

無限に近いほどのDAppを対応できます。こうすると、五つのイーサライムサイドチェーンと五つのNEOサイドチェーンがElastos上で同時に実行されることも可能になります。これこそElastosが作り上げたサイドチェーンの創造性です。この柔軟性を利用し、Elastos生態系は既存の全ての革命的ブロックチェーンをElastosのサイドチェーンに移植でき、ネットワーク効果を上げて、将来のインターネットの基礎を固めることができます。


"Elastosの4大支柱の一つであるElastos BlockChain" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント