Elastosの4大支柱の一つであるElastos Smartweb

Elastosの技術アーキテクチャにおいて、Elastos Smartwebはネットワークコンピューターと見なすことができます。P2Pメッセージバスを支えるキャリア、大量保存用Hive / IPFS / PersonalCould Drives、デジタルID認証用DID、高速キャッシュ技術、非中央集権化Web RTC、CDNなどを含みます。

Elastos CarrierはElastosの非中央集権化P2Pネットワークサービスプラットフォームであり、中央集権型のサーバーがなく、非対称型暗号化技術を使って、ノード間の透明化データ暗号化を確保し、ネットワーク通信のプライバシー保護、セキュリティ上の安全性、デジタル内容の漏洩と破壊防止を実現できた完全に独立したネットワークです。現在、キャリアは既にElastosで応用されています。その例として、コミュニティがキャリアに基づき作り上げた非中央集権化チャットツールHyper、Anypeer、非中央集権化モノのインターネット、Hyper.Connect、Elastos TV Boxなどが挙げられます。Elastos TV Boxにおけるキャリアの実装数は既に百万台を超えて、今後のアプリ展開のために基礎を固めました。


Elastos HiveはElastosの基本的アーキテクチャにおいてdAppに保存機能を提供し、フロントエンドのHive SDK開発キットとバックエンドのHive IPFS分散型Gatewayサービスの2大部分を含みます。Hive SDKはマルチバックエンドのクラウド保存サービスを対応できる、且つ統一したインタフェースを持つモバイルアプリ/シンプル型ホスト(MacOS/Linux/Windows)アプリ向けのSDK開発ライブラリです。Hive IPFS Gatewayサービスは、IPFSノードがマルチフロントエンドアプリ(ユーザー)に同時に使われるために、Elastosが非中央集権化モバイルアプリとPCホストシンプル型アプリの必要に応じて、標準IPFS サービスを元に提供しているIPFS Gateway類似サービスです。Hive IPFSはHive SDKが対応するマルチバックエンドクラウド保存サービスの一つであり、主に非中央集権化クラウド保存サービスを提供しています。Hive 1.0 SDKは既に正式にリリースしました。


Elastos Hiveは既存の非中央集権型と中央集権型保存システムの長所を発揮し、2種類のシステムを効率よく融合させ、アプリが必要とするデータ保存サービスを提供しています。ユーザーと開発者は中央集権型サービスに制限されることなく、必要に応じて中央集権型または非中央集権化の保存方式を選ぶことができます。また、非中央集権化保存方法を選んだ場合、ユーザーは非中央集権化保存のメリットを全て利用できます。これで選択権をデータの所有権とともにユーザーに与えることになります。


屏幕快照 2020-03-18 下午2.43.32.png

Elastos DIDは各ユーザーのために、唯一のDID、秘密鍵、公開鍵とDID ELAアドレスを提供しています。ユーザーは与えられたDIDを使って、自分自身及び関連取引とデータの自己識別と自己認証を行うことができます。


上記全ての技術によってElastos smartwebの下層インフラが構成されます。これにより、インターネット上の人々は自分のデータ主権を確保し、中央集権型機関を介せずに、相互信頼と安全な方法でトークン、映画、音楽、電子書籍とゲームなどのデジタル資産を交換でき、Elastosの「You own your data」のビジョンを叶えることができます。


この記事へのコメント