Elastosの4大支柱の一つであるElastos Runtime



Elastosを構成する技術フレームワークとサービスコンポーネントを言及する際、プロジェクトの規模とその位置づけをよく見逃しています。Elastosは第一にdApp基本アーキテクチャであり、次にブロックチェーン技術で、第三に非中央集権型生態系です。そして、Tokenサイドチェーン、ETH(Ethereum)とNEO互換性サイドチェーン、標準サイドチェーンテンプレート、DPoSコンセンサス、Elastos Carrier及びHive保存サービスなどたくさんのサービスコンポーネントを含みます。最も重要なこととして、4大支柱の一つであるElastos Runtimeはブロックチェーン内外のフレキシブルソリューションを一つのプラットフォームに集結させて、開発者が新しい知識を学習する必要がなく、アプリケーションの移植可能性、安全性、データの完全性などの問題を心配せずにこのプラットフォーム上でdAppsを開発できるようにデータをパッケージングしています。


Elastosは次世代サイバーリパブリックコンセンサスを構築する中様々なサービスを提供しています。これらのサービスはほとんどアプリケーションの裏に潜んでいてユーザーには認識されていないことが多いです。Elastos Runtimeは実際に毎日のようにユーザーと交流していて、そのユーザー態様Elastos Trinity (elastOS)はある程度イーサリアムのEVMに似ています。両者はともにバーチャルマシン技術に基づき成立していますが、違いとして、Elastos Runtimeは主にdAppを、イーサリアムEVMは主にスマートコントラクトを実行しています。スマートコントラクトはブロックチェーンのノード上で実行されるに対して、dAppはスマホなどのユーザー端末で実行されます。elastOSのコア技術は本質からみてインターネット操作システム技術であり、信頼できる実行環境で「インターネットと計算の独立」を確保しています。


elastOSブラウザはインターネット通信の安全性とアプリケーション実行を確保した信頼できる実行環境です。もっと簡単に言うと「プログラム的」ブラウザとなります。創設者である陳榕の考え方では、端末にはデータとプログラムだけあります。インターネット上のファイルは、データとプログラムの2種類しかありません。「価値」、つまり「正本」ファイルを転送したいなら、プログラムを転送しなければなりません。elastOSブラウザ(バーチャルマシン)はブロックチェーンを利用しプログラムの実行可能性を検証するとともに、ファイル正本の希少性を確保できます。これは即ちElastosの創設者である陳榕がよくいう「データの所有権を手に入れたいなら、プログラムを持たなけれならない」ということです。次世代サイバーリパブリックコンセンサス上では、人々は本物のデータ所有権を手に入れることができ、本格的な「You own your data」を実現できます。

屏幕快照 2020-03-17 下午5.45.01.png
Elastosの非中央集権化インターネットブラウザであるTrinity (elastOS)は現在既に正式リリースされました。elastOSはElastosより提供された各種非中央集権化サービスを一つのプラットフォームに集中させています。ユーザーと開発者はより簡単に利用できます。内蔵した非中央集権化ウォレットと非中央集権化ID (DIDs) などの機能を利用してdAppsの作成に完全で安全な実行環境を提供しています。現在elastOSで実行するdAppは5種類以上あります。Google Playストアから簡単にダウンロードできます。


ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=org.elastos.trinity.runtime

この記事へのコメント