イラストス(Elastos):次世代インターネットプロジェクト


イラストスについて



イラストス(Elastos)はブロックチェーンの信頼性を日常的応用シーンに伝達させた世界初のオペレーションシステムであり、Web3.0技術に基づく次世代インターネットプロジェクトです。イラストすのサンドボックス(隔離環境)とネットワーク分離アルゴリズムに合わせて、デジタル資産を権利確定可能、数量制限(レア性)、取引と消費可能性なものにすることができます。人々のデジタル資産の所有と未来の富への転換を実現し、インターネットをスマート経済の生態系に作り上げます。



イラストスの創設チーム


イラストスの創設者陳榕

RongChen.jpg

1985年以来、陳榕はオペレーションシステムとオブジェクト指向プログラミングの研究に専念しています。

陳榕はマイクロソフト研究院最初のアジア系スタッフです。マイクロソフトに勤めていた頃、Microsoft Research OSカーネル、IE3 ActiveX、Ole Automation、DCOM、.NETなど多くのプロジェクトの研究開発に参加しました。2000年、陳榕は中国に帰国してから17年間にわたってオペレーションシステムの研究開発に専念しております。

2017年6月、陳榕は創設者としてElastos(Elastos)ファンドの設立を企画しました。



イラストスの共同創設者韓鋒


hanfeng.jpg


イラストスの共同創設者、コロンビア大学客員研究員、元ファーウェイ中央研究院ブロックチェーン顧問、アジアブロックチェーンDACA協会事務長、清華大学iCenter指導教員。編集長として『ブロックチェーン新経済青図及びガイド』、『ブロックチェーン—デジタル通貨から信用社会へ』、『ブロックチェーン開発及び実例』、『ブロックチェーン—クォンタム・ウェルス』など中国で最初のブロックチェーン著書を編集しました。


イラストスのエンジェル投資家呉忌寒、イラストスの首席戦略顧問、BITMAIN CEO


イラストスWeb3.0の基本アーキテクチャ,イラストスのスマートウェブ(Smartweb)の4大支柱:


(1) Elastos BlockChain:親チェーン、サイドチェーン、マルチレイヤーコンセンサス、スマートコントラスト・コンセンサス計算プラットフォームを含みます。イラストスはブロックチェーンを下層技術として、ブロックチェーンの非中央集権化、信頼性、改ざん不能という特性を利用し、イラストスの生態系信用と価値伝達の基礎を固め、信用コストの問題を解決しました。


(2) Elastos Smartweb:ネットワークコンピューターとして見られることができます。P2Pメッセージバスを載せるCarrier、大量保存用のHive/IPFs/Personal Could Drives、デジタル認証用のDID、キャッシュメモリ技術、非中央集権化のWeb RTC、CDNなどを含みます。


Elastos Smartwebでは、Elastos DIDでユーザーに非中央集権化されたデジタルIDを与え、Elastos Carrierで非中央集権化のポイントツーポイント通信を実現し、Elastos Hiveで非中央集権化保存を実現することで、ユーザーが所有する全てのデータが認証され、第三者によって盗まれたりできません。また、Elastos Smartwebでは、ユーザーに唯一のデジタルIDであるDIDが付与されます。このDIDによってイラストスの生態系における全てのアプリケーションとインタラクティブできます。この唯一のIDでログインすることで、様々なアプリケーションを利用できます。これで従来のようなインターネット上のデータ孤島をなくし、ユーザーのビッグデータチェーンが形成されます。


(3) パーソナルクラウドコンピューター(PCCまたはPC²)ランタイム(イラストスバーチャルマシンランタイムとも呼ばれます):例えば、HTML 5/JSのelastOSブラウザ、Java、C#、ネイティブプログラミング言語が実行する時、パブリッククラウドで実行するElastos DockerとスマートホームデバイスのElastos Runtimeはその一例です。


(4) Elastosサービス:天気、マップ、検索、非中央集権化のコードライブラリプロジェクト( Gitellaプロジェクト)、電子商取引、dAppストア、取引交換サービスなどdAppsでよく使われる非中央集権化のデータサービスは徐々にインターネットオペレーションシステムの一部になります。


プロジェクトの進捗


2017年12月、イラストスのメインネットワークがリリースされました。

2018年7月1日、イラストスの最初のサイドチェーンIDチェーンとDIDがリリースされました。

2018 年8月26日、BTC.comマイニングプールのハッシュレートがELAメインネットワークに入り、BTCとの共同マイニングが始まりました。BTC.com、Antpool、F2Pool、BTC.TOP、ViaBTC、Huobi.pool、okpoolなどのマイニングプールが立て続けでELAと協力して採掘できるようになります。

2019年1月29日、160日間を経て、Elastos TV Box上におけるCarrier配置は百万のマイルストーンに達しました。

2019年3月30日、イラストス全ネットワーク共同マイニングがスタートしました。メインネットワークのコンセンサスモデルはAUXPoW+DpoSにアップデートしました。

2019年4月20日、イラストスDPoSスーパーノード選挙が正式にスタートしました。

2019年6月14日、イラストスのメインネットワーク2.0であるlliasが正式に公表されました。イラストスのメインネットワークAUXPoW +DPoSアルゴリズムが全面的に開放し、メインネットワーク2.0時代に突入。

2019年8月5日、イーサリアムサイドチェーンとNEOサイドチェーンがイラストスのメインネットワークで配置されることになります。イラストスのサイドチェーン構成において、既にリリースされたのはTokenサイドチェーン、DIDサイドチェーン、イーサリアムサイドチェーンとNEOサイドチェーンです。

2020年1月3日、イラストスの最先端オペレーションシステムであるelastOSがリリースされ、イラストスが目指している次世代インターネットの雛形がほぼ形成されたことを示します。次世代インターネットでは、全ての個体が自分のデータの所有権を実現でき、本格的な「You own your data」を実現できます。


イラストスのCRC及びコミュニティ管理体制

CRCはPoWとDpoSに次ぐイラストスの3番目のコンセンサスであり、その目的としては、イラストスの技術開発と発展、紛争解決、コミュニティ資産の管理、コミュニティメンバーによるコミュニティ管理と貢献に対する激励体制を促進するために、CRにコンセンサスに基づくコミュニティ管理体制を提供しています。

1年間に渡る準備作業を経て、2020年5月末に、初回CR委員が正式に誕生し、コミュニティ管理に参画する予定です。コミュニティメンバーが間もなく舞台に同情することになり、イラストスの中核的開発チームもイラストスのコミュニティに溶け込み、本格的なコミュニティ自己管理を実現します。

イラストスのコミュニティに貢献したいメンバーは、自分自身の長所を利用してコミュニティの発展を促進できます。コミュニティの提案者にしても、コミュニティの監督者にしても、意見の検討に参加した者にしても、意思決定者にしても、人々の一言や一つの行為で、多かれ少なかれコミュニティとイラストスの発展に影響を与えています。イラストスのコミュニティ建設とElastos Smartweb建設が互いに影響しあい、互いに制限をかけ、ともに発展していくことで、開放的な、透明でオート稼動可能な次世代インターネットを実現できます。


イラストスに関するリンク:

website:
https://www.elastos.org

CR website:
https://www.cyberrepublic.org

whitepaper:
https://www.elastos.org/downloads/elastos_whitepaper_en.pdf

Github:
https://github.com/elastos

blckchain website:
https://blockchain.elastos.org

elastOS :
https://download.elastos.org/app/trinity/index.html


telegram:
https://t.me/ElastosJapan

twitter:
@Elastos_org




この記事へのコメント